東京証券取引所の宮原幸一郎社長は1日、全株式の売買を同日朝から終日停止したことについて記者会見し、「投資家の皆さまに多大な迷惑をかけたことを深くおわびする」と謝罪した。東証がシステム障害で取引を終日停止するのは初めてで、世界的にも異例。信頼低下は避けられず、日本を国際金融センターにする政府構想にも大きなマイナスとなりそうだ。システムを運用するハードウエアの故障が原因で、機器を交換し2日朝から通常通り取引を再開する予定としている。

 金融庁は1日、金融商品取引法に基づく報告徴求命令を近く出す方向で検討に入った。詳しい原因究明と再発防止策などを求める。