【ニューヨーク共同】週明け19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比410.89ドル安の2万8195.42ドルで取引を終えた。米追加経済対策の協議を巡る不透明感から売りが優勢となった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は192.68ポイント安の1万1478.88と5営業日続落した。

 米追加経済対策が来月3日の大統領選までに成立するのは難しいとの見方が広がった。民主党のペロシ下院議長は、トランプ政権側と20日までに合意する必要があるとの考えを示している。