野上浩太郎農相は20日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受けた飲食業界の支援策「Go To イート」のポイント付与事業に関し、制度が始まった今月1日から9日までの9日間で延べ約558万人の予約があったと明らかにした。実際に利用されれば、ポイント付与額は49億円分に上る。

 内訳は、昼食が約131万人、夕食が約427万人。野上氏は「ややペースが上がってきている」と指摘し、利用状況を注視していく考えを示した。ポイント事業の予算額は616億円で、5日時点の登録飲食店は約7万6千店舗に達したという。