ANAホールディングス系の中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)が、増資を含む資本増強策を検討していることが24日、分かった。新型コロナウイルスの影響が長引いて経営が悪化していることを受け、財務基盤を強化する狙い。新型コロナ流行後に地方航空会社の増資計画が明らかになるのは初めて。

 ANAなどの既存株主を引受先とする第三者割当増資を模索しており、100億円規模の資本増強が必要との見方がある。ただ、既存株主は追加出資に慎重姿勢を示し、実現は不透明だ。30日に予定する2020年9月中間決算の発表に合わせて具体策を示せるかどうかが焦点となる。