日本航空が、一部が資本とみなされる「劣後ローン」の活用を軸に2千億〜3千億円規模の資金を調達する検討に入ったことが26日、分かった。