オリエンタルランドは29日、2021年3月期の連結業績予想を発表し、純損益が511億円の赤字(前期は622億円の黒字)との見通しを示した。通期の赤字は1996年の上場後初めてとなる。新型コロナウイルスの影響で運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの休園や来園客の抑制を実施しており、急回復は困難と判断した。

 売上高は前期比60.1%減の1854億円の見通し。来園客1人当たりの売上高は例年より千円ほど上回る一方、客数が7割近く減少し950万人になると見込んだ。

 両パークは全国的な感染拡大を受け今年2月29日から約4カ月間休園した。