観光庁が30日公表した9月の宿泊旅行統計(1次速報)によると、国内の旅館・ホテルの宿泊者数は前年同月比47.6%減の延べ2555万人だった。うち日本人は37.4%減の2534万人で、前年の半数を割り込んでいた8月に比べ持ち直した。外国人は97.4%減の21万人だった。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、全体の宿泊者数は5月に現在の調査方法になった2010年4月以降で最少(前年同月比84.9%減の延べ779万人)を記録。政府の「Go To トラベル」事業の効果もあり、日本人の旅行は徐々に回復しつつある。