ヤマト運輸は25日、インターネット通販で注文した商品を、全国のスーパーやドラッグストア、ホームセンターなどでも受け取れる新サービスを始めた。再配達の削減を期待し、年内に2千〜3千店舗の参加を見込む。最終的には1万店を目指す。

 これまでも無料登録の会員はコンビニやヤマト営業所で受け取れたが、新サービスでは会員である必要がない。荷物を受け取る店舗で使えるクーポンを配布してお店への顧客の誘導も狙う。

 ヤマトと契約している通販サイトが対象で、まずはネット衣料品通販サイト「ゾゾタウン」が採用した。