JR九州の青柳俊彦社長は27日、福岡市で記者会見し、福岡県などが対象となっている新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長された場合、社員の一時帰休を検討する考えを示した。

 青柳社長は、新型コロナの感染拡大で業績が悪化しており「事業を継続するため経費削減として一時帰休も検討の材料だ」と述べた。乗客の利用低迷が続けば、新幹線の減便も検討するという。