【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。前日まで5営業日続落し、値ごろ感が出たため、買いが先行した。

 午前10時現在、前日比339.12ドル高の3万0642.29ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は124.57ポイント高の1万3395.17。

 景気動向に敏感とされる金融や旅行関連の銘柄の上昇が目立った。