神戸市の久元喜造市長と兵庫県芦屋市の医薬品メーカー「JCRファーマ」は4日に記者会見し、神戸市西区の工業団地に新型コロナウイルスワクチンの原液工場を建設すると正式発表した。製造拠点新設は国内初。英製薬大手アストラゼネカはワクチンの製造販売承認を申請中で、JCRが製造する。

 工場新設は2029年度末まで製造できる体制をつくるためで、22年10月に完成し、23年以降に稼働する予定。市内の工場で既に製造を始めており、新工場が完成すれば移管する。能力は非公開。総工費は約116億円で、国の助成金と自己資金を充てる。