4日の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=107円17銭を付けた。昨年7月下旬以来、約7カ月半ぶりの円安ドル高水準。

 午後5時現在は前日比34銭円安ドル高の1ドル=107円15〜16銭。ユーロは03銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円14〜18銭。

 前日の米長期金利の上昇を受け、朝方は日米金利差の拡大を意識したドル買い円売りが先行した。夕方になって欧州の投資家が取引に参加すると持ち高調整でドルを買う動きが加わり、円安が進んだ。