週明け8日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前週末比24銭円安ドル高の1ドル=108円50〜51銭。ユーロは41銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円95〜99銭。

 米景気回復ペースが速まるとの期待感に加え、日米金利差の拡大を手掛かりに、朝方からドルを買って円を売る動きが優勢だった。円売り一巡後は新規材料に乏しかったため、小幅な値動きとなった。