囲碁、挑戦者の山下が井山に先勝 本因坊戦第1局

 囲碁の第73期本因坊戦7番勝負の第1局は15、16の両日、山口県萩市で打たれ、挑戦者の山下敬吾九段(39)が256手で井山裕太本因坊(28)に黒番半目勝ちし、先勝した。

 井山本因坊は昨年10月に2度目の七大タイトル同時制覇を達成後、王座、天元、棋聖、十段を防衛。今回が五つ目の防衛戦となる。山下九段は7期ぶりの本因坊復帰を目指す。

 第2局は23、24日に京都市で行われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索