西田幾多郎のノート発見 新たに50冊、思想展開記す

西田幾多郎のノート発見 新たに50冊、思想展開記す

 石川県西田幾多郎記念哲学館(かほく市)は30日、「善の研究」で知られる地元出身の哲学者西田幾多郎(1870〜1945年)が書いたノート50冊が新たに見つかったと発表した。京都帝国大で倫理学を教えるために作成したとされる講義ノートなどがあり、西田の思想展開を垣間見ることができる。6月5、6日に報道陣に公開する。

 同館によると、ノートは2015年秋に西田の遺族宅で発見された。クリーニングなどの修復作業後、金沢大や京都大と連携して記述内容を読み解いたという。

 ノートは、西田が帝国大(後の東京大)選科生時代のものが10冊、京都帝国大時代が9冊などとみられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索