将棋女流王位、渡部が初タイトル 里見は防衛ならず

将棋女流王位、渡部が初タイトル 里見は防衛ならず

 将棋の第29期女流王位戦5番勝負の第4局は13日、徳島市で指され、挑戦者で先手の渡部愛女流二段(24)が139手で里見香奈女流王位(26)を破り、対戦成績3勝1敗で初タイトルとなる女流王位を獲得した。同日付で女流三段に昇段した。

 渡部新女流王位は北海道帯広市出身。日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属で2013年、女流プロ(2級)に。初のタイトル挑戦を実らせた。

 里見前女流王位は通算5期で獲得するクイーン王位を逃し、女流四冠(女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花)に後退した。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索