私生活でも正反対? 「ビブリア―」共演の2人

私生活でも正反対? 「ビブリア―」共演の2人

 俳優の黒木華と野村周平が東京都内で、映画「ビブリア古書堂の事件手帖」(11月1日公開)のPRイベントに登場。本に人一倍の情熱を持つ古書店主と、トラウマから本が読めなくなった青年という、活字への距離感が対照的な役柄を演じた2人だが、私生活でも趣味や趣向は正反対のようだ。

 鎌倉で小さな古書店を営む主人公(黒木)が、本を巡る謎解きに挑む物語。野村は過去の体験から活字恐怖症になった青年を演じる。

 役柄同様に「トラウマはあるか?」と聞かれた野村は「未来のこととかいろいろ想像してしまい1人は怖い。男友達と家で過ごし、俺が寝たい時に帰ってもらいたい」と寂しがり屋な一面を披露。

 そんな野村にアドバイスを求められた黒木だが「分からない。1人が好きだから」ときっぱり。1人の時は映画鑑賞や読書をして過ごすという。

 書店主が2人に本をプレゼントする企画では、本好きを自任する黒木に歴史を扱った本がお薦めされた。黒木は「たくさん本を読みたい」と速読の方法まで教わった。

 多趣味で知られる野村だが、「僕は本当に本を読まない」と告白。1時間程度で読めるというエンターテインメント小説を贈られると、「これくらいの分量でも1週間くらいかかりますよ」と笑わせた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索