直木賞・真藤さん「基地」を語る 是非、常に議論を

直木賞・真藤さん「基地」を語る 是非、常に議論を

 米軍統治下を舞台に、沖縄の若者たちを描いた小説「宝島」(講談社)で直木賞受賞が決まった作家真藤順丈さん(41)が22日、東京都内で共同通信のインタビューに応じた。沖縄県に米軍基地が集中する現状に関し「『そういうものだ』と思考停止してはいけない。大事なのは議論し、その是非を常に問うていくことだと思う」と語った。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う2月の県民投票に、一部の自治体が参加しない意向を示しているが、真藤さんは「投票は声。声を奪うようなことはしないでほしい」と強調した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索