将棋の藤井七段、朝日杯2連覇 羽生九段以来2人目

将棋の藤井七段、朝日杯2連覇 羽生九段以来2人目

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は16日、東京都千代田区で指された第12回朝日杯オープン戦の決勝で、タイトル保持者の渡辺明棋王(34)を破り、羽生善治九段(48)に次いで同棋戦史上2人目の2連覇を果たした。藤井七段の棋戦優勝は、昨年10月の新人王戦以来3度目。

 藤井七段は16日の準決勝で、第1回覇者の行方尚史八段(45)を破り、決勝に進んでいた。前回は佐藤天彦名人(31)や羽生九段、広瀬章人竜王(32)らを破り、最年少の15歳6カ月で棋戦優勝を飾った。朝日杯でこれまで連続優勝を飾ったのは羽生九段のみで、2014年から3連覇を達成した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索