大阪に講談の拠点が誕生 伝統話芸「魅力を発信」

大阪に講談の拠点が誕生 伝統話芸「魅力を発信」

 伝統話芸「講談」の拠点にしようと、女性講談師の五代目旭堂小南陵さんが大阪市此花区の商店街に劇場「此花千鳥亭」を開いた。「講釈場」と呼ばれる専門の劇場は全国で姿を消し、講談師の数も少ない。小南陵さんは「講談の魅力を発信し、少しでも面白いと感じてほしい」と話している。

 小南陵さんは、会社員や俳優を経て2001年に旭堂南陵(当時小南陵)さんに入門。16年11月に名跡の旭堂小南陵を女性で初めて襲名した。

 襲名のあいさつ回りで、大阪市に上方落語の定席「天満天神繁昌亭」を開場させた桂文枝さんに「君らも講談の小屋を商店街の協力をいただいてやらなあかんよ」と言われた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索