囲碁世界戦、韓国の朴が3連覇 井山裕太五冠は準決勝敗退

囲碁世界戦、韓国の朴が3連覇 井山裕太五冠は準決勝敗退

 囲碁の世界戦、第3回ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)は20日、東京都千代田区の日本棋院で決勝が打たれ、韓国の朴廷桓九段(26)が中国の柯潔九段(21)を破り、3連覇を達成した。優勝賞金は2千万円。

 大会は日本、中国、韓国の3カ国から8人が出場し、トーナメント戦で争った。日本からは井山裕太五冠(29)と張栩名人(39)が出場。井山五冠は1回戦で強豪の中国選手を破ったものの準決勝で柯九段に敗れ、張名人は1回戦で敗退した。3位決定戦は行われず、井山五冠はもう一方の準決勝で敗退した韓国選手と共に3位となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索