甲武信、エコパーク登録 ユネスコ決定、国内10地域

甲武信、エコパーク登録 ユネスコ決定、国内10地域

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は19日、フランス・パリで会合を開き、埼玉、東京、山梨、長野4都県にまたがる「甲武信」地域を、自然と人間の共生を目指す生物圏保存地域「エコパーク」に登録することを決めた。国内では「みなかみ」(群馬、新潟)「祖母・傾・大崩」(大分、宮崎)以来2年ぶり10地域目。環境保全に向けた国際協力や、知名度向上による観光振興などの効果が期待される。

 甲武信地域は標高2475メートルの甲武信ケ岳を中心とした山岳地帯で、総面積は約19万ヘクタール。荒川など関東の主要河川の水源で多様な動植物が生息し、とりわけチョウ類の希少種の宝庫とされる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索