囲碁、上野が女流本因坊を奪取 藤沢破り二冠に

 囲碁の藤沢里菜女流本因坊(21)に上野愛咲美女流棋聖(18)が挑戦していた第38期女流本因坊戦(共同通信社主催、JA共済連、共栄火災協賛)5番勝負の第4局は15日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、200手で上野女流棋聖が白番中押し勝ちし、3勝1敗でタイトルを奪取した。初の女流本因坊獲得で、女流棋聖と合わせ二冠となった。

 上野新女流本因坊は4、5歳のころ囲碁を始め、2016年に14歳でプロ入りした。18年に初タイトルの女流棋聖を獲得。今年9月、竜星戦で準優勝した。女流本因坊戦は今回が初挑戦だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る