仮想現実(VR)技術を使い、アイドルAKB48グループの劇場公演が2月3日から立体映像でライブ配信される。16日に東京・秋葉原で開かれた記者発表会で、AKB48の柏木由紀が視聴を体験し「メンバーがそこにいるようで、劇場の最前列で見るより近い!」と興奮していた。

 ソフトバンクが提供するスマートフォン用アプリ「LiVR(ライブイアール)」を活用。秋葉原のAKB48劇場と新潟市のNGT48劇場、名古屋市のSKE48劇場でほぼ毎日開かれている全公演の立体映像を有料で配信するという。

 ゴーグル型VR端末を装着すると、目の前でライブを見るような映像を楽しめる。各劇場に専用カメラがそれぞれ3台設置され、視聴者が自ら映像を切り替えて、楽しむこともできる。

 NMB48やSTU48、HKT48の公演も配信を検討中としている。

 発表会でNGT48の本間日陽は「近くから見てもらえるような映像で、今までできなかったウインクに挑戦したい」。SKE48の須田亜香里は「自分の視点で楽しんでもらえるので、日の目を見ていないメンバーも見つけてもらえると励みになります」と意気込んだ。