将棋のプロ棋士を目指すアマチュア強豪、折田翔吾さん(30)=大阪市、将棋講師=は27日、東京都渋谷区の将棋会館で棋士編入試験5番勝負の第3局に臨み、山本博志四段(23)に勝って対戦成績を2勝1敗とし、悲願のプロ入りへあと1勝と迫った。

 試験はプロ新人棋士5人と対戦し、3勝すれば合格となる。折田さんは「何とか間違えずにゴールできてよかった。次は大きな勝負になるが、楽しんで臨めたらと思う」と話した。第4局は2月25日、本田奎五段(22)と対戦する。

 折田さんはプロ棋士養成機関「奨励会」の元三段で、将棋ユーチューバーとしても活躍している。