ジャズフェスティバルの雰囲気を家にいながらにして味わえるプログラム「東京JAZZプラス ライブストリーム」が23、24両日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信される。新型コロナウイルスの影響で東京都内で予定されていたフェスが両日とも中止になり、東京JAZZ実行委員会が代替策として企画した。

 出演するのは、ジャズピアニストの小曽根真、上原ひろみ、カザフスタン出身の歌手ディマシュ・クダイベルゲン、作曲家挾間美帆、歌手平原綾香ら。

 2007年の「第6回東京JAZZ」からビッグバンドを率いるなどして数多くのステージに参加している小曽根は「音楽は普通に人間が生きていくのに必要不可欠なもの。それを教えてくれるのは、僕らの音楽を受け止めてくださる皆さんです」と感謝。「このトンネルを抜けたら、次のもっと素晴らしい世界がつくれるはず。一緒に頑張りましょう」と視聴を呼び掛けている。

 ユーチューブの「東京JAZZ」公式チャンネルで無料配信。詳細は東京JAZZの公式ホームページで。