鳥取県米子市は新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動の場を失ったプロのアーティストらに、インターネットなどで公開する映像の収録会場を無償で貸し出す支援事業を始めた。第1号となったジャズサックス奏者のMALTAさん(70)が9日、市内の文化施設で収録に臨んだ。

 ピンストライプのジャケットにサングラス姿のMALTAさんは、オリジナル曲を力強く演奏。4曲を数日中にも動画投稿サイト「ユーチューブ」で無料配信する。

 市によると、支援事業は音楽や演劇、美術、伝統芸能などの分野で活動する市内在住のプロが対象。