東京都の休業要請緩和を受け、新宿末広亭や浅草演芸ホールなど都内の一部寄席が6月1日から営業を再開すると、落語協会と落語芸術協会が29日発表した。

 入場者数を制限し、休憩の回数を増やして何度も場内を換気するなど、新型コロナウイルス感染防止を徹底する。鈴本演芸場と池袋演芸場は6月末まで休業予定。各寄席は4月初めから休業していた。