将棋の最年少タイトル挑戦者、藤井聡太七段(17)と渡辺明棋聖(36)が対戦する第91期棋聖戦5番勝負の第2局は28日、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。藤井七段は8日の開幕局に勝利。本局に勝てば、棋聖奪取にあと1勝となる。

 藤井七段は第1局のスーツ姿と違い、タイトル戦では慣例となっている和服を身にまとって、大一番に臨んだ。

 最年少タイトル獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月。5番勝負で渡辺棋聖に勝利すれば、この記録を上回る。

 対局は持ち時間各4時間で、28日夜には終局する予定。5番勝負で3勝を挙げた棋士に「棋聖」の称号が与えられる。