フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(22)が、視聴者らから誹謗中傷を受けた後に死去した問題で、母の響子さん(43)が4日、共同通信の取材に応じ「(番組は)出演者の人生よりも視聴率を優先したのが全ての問題では。真摯に向き合ってほしい」と訴えた。

 フジは今月3日の定例会見で「出演者の意図に反するような指示はなかった」と強調。

 響子さんはフジの主張を「パワハラをする側の論理と同じだと思う。立場の弱い出演者が反論できる状況だったのか」と批判。「客観的に何があったのかや、責任を明確にして再発防止策を示してほしい」と話した。