和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で6日、豊作や無病息災を願って14日に行われる「扇立祭」を前に、神前に供える「檜扇」7本が蔵出しされ、みこらがほこりを丁寧に拭き取った。

 檜扇はヒノキの薄い板を重ねて作られており、シラサギや松竹梅が鮮やかに描かれている。高さ1.5メートル、幅1.65メートルの扇1本は本殿に立てられる。高さ0.8メートル、幅1.3メートルの扇6本は、他の社殿に飾られる。

 今年の祭りは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、関連イベントを中止して神事のみ行う。檜扇の一般公開は14日午後3時から2時間。