NHKは26日、昨年12月に放送するなどした「『体感 首都直下地震』プロジェクト」が、世界の優れた放送やウェブ作品を選ぶ国際コンクール「第72回イタリア賞」の「ウェブ・インタラクティブ部門」で最優秀賞を受賞したと発表した。

 NHKによると、プロジェクトは災害対策の必要性を伝えるため、被災を体感してもらう同月1〜8日にわたる取り組み。東京で大地震が起きたとの想定で、時間の経過とともに何が起こるかやどう対応すべきかを、ドラマや情報番組などで伝えたり、視聴者向けにツイッターなどを使ったデジタルサービスを展開したりした。