今年末で活動を休止する人気グループ「嵐」の大野智と桜井翔が、東京都内で開かれた年賀はがきの販売開始セレモニーに出席した。リーダーの大野は「僕らは20年以上、共に走り続けてきた。間違いなく、嵐は一生のつながり」と5人の絆を強調した。

 セレモニーの中で嵐が出演する新CMが公開された。テーマは「このつながりは、一生もの。」。5人がそれぞれ年賀状を書いたり、受け取ったりする場面をせりふなしの演技で表現している。桜井が登場するシーンでは「まさか、こんなに長い付き合いになるなんて」とナレーションが流れる。

 桜井は「自分たちのことに重ね合わせてしまった。すごく胸に響くメッセージだった」としみじみと話した。

 2人は嵐のメンバーに「年賀状で贈りたい一言」をボードで発表し、桜井は「出逢ったころは中学生。25年も一緒にいます。これからも、ずーっとよろしくです!」、大野は「これからも変わらず、一生連絡を取り合おう!」と掲げた。

 言葉に込めた思いを桜井は「これだけ長く一緒にいて、一生の付き合いなんだろうなと想像しながら書いた」と語り、大野も「家族以上に一緒にいる。ずっと共にしていくんだろうなと確信している」と返した。

 最後に大野は「皆さんも年賀状を通して、人とのつながりを大切にしてほしい」と呼び掛け、イベントを締めくくった。