青森・弘前さくらまつり開幕 北国に春、桜見ごろ

青森・弘前さくらまつり開幕 北国に春、桜見ごろ

 日本屈指の桜の名所として知られる青森県弘前市の弘前公園で21日、恒例のさくらまつりが始まった。天守の周りは豪雪に耐えて咲いた桜を撮影する観光客でにぎわい、北国の春を楽しんでいた。5月6日まで。

 市によると、園内のソメイヨシノは平年より3日早い今月20日に開花。24日ごろに満開を迎え、散った花びらが外堀をピンク色に染める「花筏」は、27日ごろから楽しめるという。

 祭りが100周年を迎えたこの日、航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)所属のアクロバット飛行隊「ブルーインパルス」が上空を曲技飛行。青空に航跡で描いた桜模様が観光客を魅了した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索