秋田、「親父たちの甲子園」開幕 全国500歳野球大会

秋田、「親父たちの甲子園」開幕 全国500歳野球大会

 選手9人の合計年齢が500歳以上のチームが対戦する「全国500歳野球大会」が14日、秋田県大仙市で開幕した。「親父たちの甲子園」とも呼ばれ、今年で2回目。12都県から32チームが参加し、トーナメント方式で試合を行い、16日の決勝を目指す。

 「思い切って、自分のバッティングで」。ベンチから掛け声が飛ぶ。曇り空だが蒸し暑い。打った後、必死で一塁ベースに走り肩で息をする選手の姿に観客から笑い声も。

 初戦で敗退した「宮崎市選抜」の柳田茂隆さん(61)は「体力の限界ですが、人生初の投手で面白さに目覚めました」と笑顔だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索