作家の石牟礼さんの思い出語る 原作の新作能巡りシンポ

作家の石牟礼さんの思い出語る 原作の新作能巡りシンポ

 水俣病を題材にした著作で知られ、2月に90歳で亡くなった作家石牟礼道子さん原作の新作能「沖宮」を巡り、熊本市で14日、追悼シンポジウムが開かれた。生前にゆかりのあった人たちが登壇し、石牟礼さんとの思い出や、遺作となった作品を語り合った。

 沖宮は、石牟礼さんが育った熊本県天草地域を舞台に、干ばつに苦しむ村人たちが、いけにえとして少女を竜神へささげる物語。

 石牟礼さんは今回の作品で、友人で人間国宝の染織家志村ふくみさん(93)に衣装の監修を依頼。台本の構想時「志村さんの仕事で装束を仕上げるのは、長年の念願でした」と手紙を出していたという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索