静岡・下田の「太鼓祭り」始まる みこしのアーチ組み上がる

静岡・下田の「太鼓祭り」始まる みこしのアーチ組み上がる

 静岡県下田市に約400年前から伝わり、「太鼓祭り」の愛称で知られる下田八幡神社例大祭が14日、始まった。小さなみこし11基を連ねた「太鼓橋」がアーチ状に組み上がると、歓声と拍手が一斉に湧き起こった。

 軽快なおはやしとともに、肉じゅばん姿の若衆が太鼓橋を担ぎ、「ほりゃ、ほりゃ」と掛け声を上げながら市街地を巡行。みこしや太鼓台もこれに続いた。

 太鼓祭りは江戸時代初期の下田奉行・今村伝四郎正長が人心を一つにするために始めたと言われる。祭りは15日まで。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索