相模湖で「足こぎスワン大会」 58組がタイム競う

相模湖で「足こぎスワン大会」 58組がタイム競う

 相模原市の相模湖で21日、「足こぎスワン世界大会」が開かれ、国内から参加した58組が一般と親子の部に分かれてスワンボートのタイムを競った。地元商工会が中心となり、にぎわいを取り戻そうと始めたイベントで、今年で2回目。

 晴れてレース日和の中、参加者は2人一組でボートに乗り、100メートル先のゴールまでペダルをこいだ。

 一般の部で優勝したのは、地元の消防士平野勉さん(31)らのチーム。前回も優勝しており、2位に大差をつけて連勝した。平野さんは「仕事柄、毎日鍛えているので」と笑顔を見せた。

 親子の部では、東京都八王子市のペアが優勝した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索