警察庁長官賞受賞の元警察犬死ぬ 大阪府警「ゲルマン号」

警察庁長官賞受賞の元警察犬死ぬ 大阪府警「ゲルマン号」

 警察犬の活動として全国で初めて警察庁長官賞を受賞し、昨年引退した大阪府警の元警察犬「ゲルマン号」が死んだことが10日、関係者への取材で分かった。12歳だった。持ち前の嗅覚を生かし、数々の事件や災害現場に出動するなど活躍していた。

 ゲルマン号は2007年に採用された雄のシェパード。13年に大阪市で発生した女児連れ去り事件では、においを頼りに女児のランドセルを発見。採取した指紋から容疑者の男が特定され、逮捕につながったとして府警に長官賞が贈られた。

 大きな体格と真っ黒な体毛、つぶらな瞳が特徴で、子どもたちからファンレターが届くなど人気を集めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索