考古学者ニコ・ロビンの希望最多 熊本被災地に分配のワンピース像

考古学者ニコ・ロビンの希望最多 熊本被災地に分配のワンピース像

 熊本市出身の尾田栄一郎さんが描く人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクター像8種類、計8体を熊本地震の被災地に分配する計画について熊本県は18日、獲得を狙う31市町村から寄せられた希望のキャラクターや設置場所を公表した。計51件の希望の中で、最多だったのは、考古学者ニコ・ロビンの13件だった。

 これらのキャラクターは主人公ルフィの仲間で、県は市町村からそれぞれ2件まで募集。ロビンは、熊本市が熊本城石垣の復旧を目指して城近くの観光施設に、南阿蘇村は被災した東海大阿蘇キャンパスにそれぞれ置くことを提案した。

 2位はコックのサンジで8件。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索