1月の訪日客268万人 中国19%増、個人旅行好調

1月の訪日客268万人 中国19%増、個人旅行好調

 観光庁は20日、1月に日本を訪れた外国人旅行者は前年同月比7.5%増の推計268万9400人だったと発表した。1月としては過去最多。国・地域別で2位の中国が19.3%増の75万4400人と好調で、全体を押し上げた。

 政府が1月からビザ(査証)の発行要件を緩和した中国で、個人旅行の増加傾向が続いているため。今月4〜10日の春節(旧正月)の大型連休直前の1月末から日本を訪れる人が増え始めたことも要因。3位の台湾も10.5%増の38万7500人だった。

 一方、1位の韓国は3.0%減(77万9400人)、4位の香港は3.9%減(15万4300人)となっている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索