さくらももこさん飼育のカメ公開 静岡の動物園、家族が譲渡

さくらももこさん飼育のカメ公開 静岡の動物園、家族が譲渡

 人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者で昨年8月に死去したさくらももこさんが飼っていた絶滅危惧種のリクガメ「ビルマホシガメ」を、静岡県河津町の動物園「iZoo(イズー)」がこのほど引き取り、公開が始まった。さくらさんの事務所スタッフによると、さくらさんは「顔やしぐさに癒やされる」とかわいがっていたという。

 カメはミャンマー原産で、さくらさんが「カメミ」と名付けて2012年から東京都内のアトリエで飼育していた。甲長約25センチの雌で、年齢は10歳前後とみられる。

 ビルマホシガメは黒色の甲羅に、黄色の線が放射状に広がる星形の模様が特徴。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索