学校業務支援の新財団の名称決定 東教委、理事長に坂東真理子氏

 東京都教育委員会は24日、教員の負担軽減のため学校業務を支援する全国初の新財団の名称を「東京学校支援機構」とし、理事長に昭和女子大理事長の坂東真理子氏を選任したと発表した。小池百合子知事は同日の記者会見で、「教育の質の向上につながることを期待する」と述べた。

 東京学校支援機構は7月1日に設立し、来年度から業務を始める。部活動の指導員などを開拓、提供する「人材バンク」を設置。また、地域や保護者との法的トラブルを相談する窓口を置くほか、各学校の事務作業を集約して実施し、教員が授業に専念できる環境にする。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索