「STU48」劇場専用船で訓練 火災想定、メンバーも参加

「STU48」劇場専用船で訓練 火災想定、メンバーも参加

 広島海上保安部は19日、瀬戸内海沿岸の7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」が使用する劇場専用船で火災が起きたという想定の訓練を、広島国際フェリーポート(広島市)で実施した。消防などの関係機関やSTU48のメンバー24人ら計約100人が参加した。

 船内でステージ公演中に船底の機関室から出火したとの想定で、観客役の海上保安庁の職員やメンバーらが救命胴衣を身に着け、劇場スタッフの誘導に従って船外に出て避難した。またメンバーの一部は心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の取り扱いについても講習を受けた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索