谷崎潤一郎の未発表書簡発見 創作姿勢にじむ、7日に入札

谷崎潤一郎の未発表書簡発見 創作姿勢にじむ、7日に入札

 作家谷崎潤一郎(1886〜1965年)が大正時代に雑誌編集者に宛てた未発表の書簡が6日までに見つかった。東京・神保町の東京古書会館で開催中の「明治古典会 七夕古書大入札会」に出品されている。既に送った小説の原稿について、締め切り間際に慌てて手直しを申し入れる内容で、研究者は「間違いなく本人のもの。妥協なく作品に向き合う創作姿勢がうかがえる」と評価する。7日に古書店主らによる入札にかけられる。

 書簡は、1920(大正9)年3月8日に、雑誌「中央公論」の編集主幹・滝田樗陰(本名・哲太郎、1882〜1925年)に送り、200字詰め原稿用紙2枚につづられている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索