ライチョウ4羽ふ化 栃木と長野で

ライチョウ4羽ふ化 栃木と長野で

 長野県大町市の大町山岳博物館と栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」で14日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ計4羽がふ化した。両施設が16日、発表した。いずれも性別は不明。

 親は同博物館で飼育している同じ雌で、内訳は長野が3羽、栃木が1羽。栃木の1羽は長野で産卵後、動物園に移されていた。

 博物館の担当者は「順調に成長できるよう飼育していく」と話した。

 動物園は「生後2週間ほどは体調を崩しやすい時期なので、慎重に飼育したい」とコメント。園では今年、飼育中の雌が18個産卵したが、いずれもふ化しなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索