日蓮出生伝説解明へ、千葉・鴨川 生誕800年を前に、観光に期待

 真水が湧き続ける海底の井戸に、神秘的なタイの群れ―。千葉県鴨川市沖には日蓮宗の開祖、日蓮(1222〜82年)出生の地が沈んでいるという伝説が残る。同市は日蓮生誕800年を前に新たな観光資源にしようと、本年度から専門家と調査に乗り出した。担当者は「地域に根付く偉人の謎を解き明かし、にぎわいにつなげたい」と期待する。

 市などによると、日蓮は同市小湊の漁村の生まれ。1276年、生家跡に弟子が「誕生寺」を創建したが、明応地震(1498年)や元禄地震(1703年)で津波を受け海に沈んだとされる。古文書には出生地の具体的な言及はない。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索