お盆のJR利用、4社が前年割れ 台風10号の影響

お盆のJR利用、4社が前年割れ 台風10号の影響

 JR旅客6社は19日、お盆期間(9〜18日)の利用実績をまとめた。6社の新幹線と在来線特急の主要区間の乗客は前年同期並みの1356万1千人。台風10号の影響で北海道と西日本、四国、九州の各社は前年を割り込んだ。新幹線では、15日に新大阪―小倉間が終日「計画運休」となった山陽が前年同期比98%となった。天候の乱れが、長距離の旅行を控える動きにつながったとみられる。

 JR各社によると、東海道新幹線は398万6千人が利用した。9日には過去最多の1日436本を運行。15日は運休が出たが、追加の臨時列車もあり前年同期並みとなった。上越新幹線は99%にとどまった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索