福島・大熊町産イチゴが出荷 原発立地、農業再興へ

福島・大熊町産イチゴが出荷 原発立地、農業再興へ

 東京電力福島第1原発が立地し、原発事故による避難指示が4月に一部地域で解除された福島県大熊町で19日、今春完成したビニールハウスで栽培されたイチゴの出荷などを祝う式典が行われた。出荷は8日から始まっており、来年3月末までに最大で約10トンの収穫を見込んでいる。

 農業再興と町民の雇用確保を目指す大熊町が出資して、イチゴ栽培施設の運営会社を設立。同社によると、出荷が始まったのはケーキなどに使われる「すずあかね」という品種。宮城県の業者を通じて全国のケーキ店などに販売される。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索