再生の三宅島、火口周辺巡る観光 都が来年度から、緑と野鳥復活

再生の三宅島、火口周辺巡る観光 都が来年度から、緑と野鳥復活

 伊豆諸島・三宅島(東京都三宅村)で2000年の噴火以降、一般の立ち入りが禁止されていた雄山の火口周辺を巡る観光ツアーを東京都が来年度から実施することになった。噴火後も観測されていた高濃度の火山ガスは収束。緑や野鳥が再び姿を現しており、「裸の大地からの再生を見てほしい」と呼び掛ける。

 ツアーは雄山の麓から火口外縁の約100メートル手前まで2時間程度。自然ガイドが同行し、火山や植物の現状を解説する。ヘルメットやガスマスクを貸し出し、1日当たりの利用者は40人を上限とする。

 都によると、火山ガス中の二酸化硫黄の量は16年ごろから最盛期の千分の1程度に収束した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索